CCクリームの特徴のアンチエイジングについて

アドバイス

流行のCCクリームの「CC」は、メーカーごとに表す意味がいろいろあります。カラーコントロール(color control)カラーコンディション(color condition)カラーチェンジ(color change)などほんとうに様々です。

意味が様々あるように、効果や使い方も、そして特徴もメーカーや商品によってさまざまで、化粧下地として使うものや、BBクリームやファンデーションのように使えるものまであります。
共通している点は、今までのBBクリームやファンデーション以上に、軽い仕上がり感(ナチュラルなメイクを可能に)と高いスキンケア効果(化粧と同時にスキンケアの発想)。
今まで流行ったBBクリームとは圧倒的に違うのは、肌をカバーするというよりかは、お肌の色を整えて視覚的にきれいに見せてくれるというポイントですね。

 

このページでは、CCクリームのスキンケア効果のうちのアンチエイジングについて考えてみたいと思います。
お肌というのは、年齢と共にハリやつやを失っていき、お肌の曲がり角などと表現されるようにスキンケアも肌状態を考えて変化させたりしないといけません。

 

また、季節やストレスなどの様々な要因によっても今までのスキンケア商品が肌に合わなくなったといったようなことも、肌の変化によるものなので
それらもスキンケアを考え直すきっかけとなります。

 

さて、エイジングケアと聞くとまだまだ若いからとか、年齢がもっと上に行ってからというイメージがあるかと思います。
しかし、CCクリームにおいてのエイジングケアというものを考えたときに、そのイメージは変わってくるかと思います。

 

それは、

  • 肌においてお化粧はあまりしないほうが肌ストレスを与えない。
  • 化粧品は肌のストレスになるものがほとんど。

 

という基本的な概念をしっかりと考えられている点です。
休日などできたらお化粧はせずに、お肌もお休みをさせてあげたいものです。
しかし、急な来客や、だんな様や恋人の視線など気になるものも多くあります。

 

そんなときに化粧と同時にスキンケアを可能とするCCクリームはとても効果的であり、その効果はエイジング効果といっても過言ではないはずなんです。
CCクリームはシミやくすみ、ニキビなどを覆い隠すようなものではありません。
お化粧と同時にまさにアンチエイジングを行ってくれる役割を担ってくれているんですね。

 

アンチエイジングにオススメのCCクリームはどれ?

こちらのサイトのメインページでも、いくつかのCCクリームを紹介していますが、中でもアンチエイジングにオススメなものはどれ?と聞かれた場合はメインページのランキングでもご紹介しているエアフィットCCクリームと言うクリームがお勧めです。このCCクリームは、テレビコマーシャルでは宮崎あおいさんが出演していたことでも有名ですね。CCクリームの魅力をそのままに、他のものに比べてスキンケア効果が高く期待できるため、アンチエイジングメインでCCクリームをお探しの方にはオススメかなと思います♪