時短メイクが生理周期に合わせたお手軽な化粧法

4月になるとやっぱり皆さん慣れない新生活がスタートって言う大切な節目のタイミングでもありますよね。でもこの春は花粉や黄砂が飛び散るし、暖かくなってきたとはいっても相変わらず朝と夜は結構涼しくて空気も乾燥しています。そうするとやっぱり新生活に慣れない内に起こるストレスで肌の調子が崩れたり、その上に春特有の花粉と黄砂、そして朝と夜の乾燥した空気などが重なって肌にとっては決して良くない条件が整ってしまうそんな季節でもあると思います。そんな季節でも春だけにやっぱりフレッシュな感じを出しておきたいですよね。そのためには肌の状態を整えてあげるめんどくさくない時短のスキンケアの方法をちゃんと押さえておくとそれだけでも自分の肌をフレッシュな感じに保つことができると思います。そのための方法としてはどんなに疲れていてもクレンジングだけはしっかりと行って、それから化粧水と乳液で保湿をして肌に潤いを2をしてから寝るこれだけはしっかりやっておきましょう。
めんどくさく感じるかもしれませんけど、毎日10分このメイク落としをちゃんとやるだけでも間違いなく肌の状態は良いコンデションに保つことができます。

 

時短スキンケアのやり方としてはやっぱり完全にメイクをちゃんと洗って落とす考えるとなかなか大変なので、目元と口元はコットンにポイントリムーバーを含ませてメイクを落とします。そしてファンデーションに関してはクレンジングシートを使いましょう。貼ってそのまま少し置いた後に一旦剥がすだけでパウダーファンデなどの1番表面のメイクの窓がきれいに剥がれて落ちてくれます。クレンジングの時にやはり問題になるのも1番表面のそのパウダーファンデーションだったりしますから、そこの部分をちゃんときれいに落としてあげることで肌もちゃんと呼吸ができるようになるし呼吸ができる肌の状態というのは肌のターンオーバーサイクルをちゃんと正常に保ってあげることのためにも大切です。それともし可能なら簡単なクレンジングが終わった後にホホバオイルとかオリーブオイルとか、もしくはココナッツオイルなどの不飽和脂肪酸の油で肌にちゃんと保湿幕を作ってあげてそれから寝るようにしましょう。塗った最初はベタベタして気持ち悪いと思うかもしれませんけど、肌に馴染んでしまうと全然サラサラになりますよ。そして1番表面の角質層を柔らかくちゃんと落としやすい状態に保ってくれます。
ここまで言うとちょっとめんどくさく感じる方もいらっしゃると思うので、例えば時短スキンケアの1つの方法としては化粧水の前に美容液をダイレクトに浸透させたり、オイルと乳液を混ぜたり、オールインワン化粧品やナイトクリームに頼ったり…まぁいろいろな方法があるんですけどとにかく自分に合った「時短スキンケア」を見つけることが大切です。それと生理周期に合わせた肌が敏感なタイミングでも使えるような時短スキンケアを見つけるというのも結構大切なポイントです。