顔色が悪いとか他人に言われたことありませんか?

今日機嫌悪い?
なんかいやなことあった?

 

普通にしているはずだし、なにもなくいつもと同じ自分なのに、他人からそんな風にいわれたことってありませんか?

 

顔色が悪いって言われたことが血行傷ついたりもするんですよね。そこで顔色が悪い原因を考えてみましょう。
顔色が悪いのは、まず考えられるのが血行が悪い。またはお化粧、メイクがへたくそ。などが考えられます。

 

女性は本来、冷え性や肩こりの方がとても多く、そういったことが原因で顔の血行が悪くなり、顔色が悪くなることにつながっている場合があります。
その場合は、結構改善が重要な解決方法となります。

 

簡単にできるアプローチとしては、ヨガや足湯を始めるのはどうでしょうか。
また、手のひらのくぼんでいる部分で頬をやさしくパッティングし続けることでも、血流はよくなっていきます。
その緊急性に応じて使い分けるといいでしょう。

 

肩こりもある場合は、首の後ろを温めることが大事になります。普段シャワーでなくお風呂に入っていても、首までは温めていないことがあるんです。温かいタオルを首に巻いて
お風呂につかるなど工夫をすることで肩こりはかなり違いが出るので、やってみてはどうでしょう。

 

 

もう一つの解決方法として、メイクでなんとかするという考え方があります。
顔色が悪いときは、チークを普段よりも強めに入れたり、メイクする際に笑顔を作り、頬の盛り上がる部分にチークを入れるようにすると、
顔色が明るく、しかもナチュラルにメイクができるんです。

 

CCクリームで下地を作って、それでも顔色が悪く感じたのならチークをうまく使っていきましょうね。