薄いのにしっかり感のあるメイク方法

ナチュラルメイクってすごく難しく感じませんか?

 

女性は、相手が同じ女性だとすごくわかりやすいのですが、ナチュラルメイクをしていると「今日はすっぴんなの?」とか言われたり思われていたり、
また逆に意識していなくてもメイクが厚くなってしまうと「今日はデート?」とか「気合入っているね」とか言われたりしませんか?

 

たしかに男性はメイクだとか髪形の変化はなかなか気が付かないのですが、女性はそうもいきません。
そんななかでもお化粧のうまい人っているんですよね。

 

ナチュラルメイクが流行しているのは知っているし、男性もナチュラルメイクのほうが好感がいいのも、みんな知っていると思います。

 

しかしながら、ナチュラルメイクは先ほど言ったように、そのお化粧の薄さがとても難しかったりもします。

ナチュラルメイクで重要なのは、きちんとメイクしている感じなんです!

 

きちんと感のあるメイク方法

まず最初にお化粧する前の化粧下地で、ピンク系の下地を使うとファンデーションの前のお肌の赤身やくすみなどをカバーしやすくなって
結果ファンデーションの厚塗りを防ぐ効果があります。

 

次にファンデーションは、一番厚化粧にみられやすい塗り方になりやすいので、注意が必要です。
ついついファンデーションがうまくお肌にのったと判断する際に、マット感を重視する方がおられます。ここではそうではなく、
ツヤ感のほうを重視してください。
ファンデーションの後は、スポンジやコットンで余分な油分をオフするくらいがちょうどいいんです。

 

リキッドタイプのファンデーションを使っている方は、乳液と混ぜることでツヤツヤなもちもち肌を演出できます。

 

これらはCCクリームの特徴をだすメイク方法なので、時短を考えるならばCCクリームを使ったほうがいいですね。

 

そして、お肌の状態をきちんと感を出せた後は、アイメイクです。すっぴんと勘違いされやすいのが眉毛です。
眉毛はしっかりラインをひくことで、お肌の素肌さとアイメイクの強弱できちんと感メイクは完成します。

 

あなたのナチュラルメイクをもう一度鏡で見なおしてみてはどうでしょうか。