夏シーズンはBB?CCクリーム?

CCクリーム BBクリーム 夏

みなさんは、BBクリームとCCクリームを上手に使い分けていますか?

BBクリームにもCCクリームにもlいいところがあって、その時やシーン、季節に応じてうまく使い分けることが肌美人になれる近道になれますよ。

 

このページでは、夏の季節にBBとCCクリームどっちをどのように選んで使っていけばいいのだろうかという点を考えていこうと思っています。

 

夏のファンデーション選びにどうしても外せないものがあります。UVカット能力です。
夏のシーズンは紫外線が強く、少し油断していると日焼けをして肌があかくなったり、シミの素にもなるのでしっかりとケアはしたいところです。

 

通常BBクリームのマット感が嫌いで、素肌のような軽さが特徴のCCクリームを使っている方も、夏という時期だけは日焼け止めを考えなくてはなりません。
どんな日焼け止めを使うのかというのでも変わってくるでしょうが、お肌は重くなってしまいがちです。

 

それに夏で暑いのですが、室内はそのぶん冷房がすごい聞いている状態なので、肌の乾燥もより深刻になりがちです。

 

なので、夏はSPFのきつくない日焼け止めとCCクリームを併用して、お肌の環境改善のほうを考えてあげたほうがいいと思います。
乾燥は冬というイメージがあるのかもしれませんが、夏も気温の変化など過酷な環境であることは変わりません。

 

CCクリームのスキンケア能力はこの時期には、最適のように感じます。

CCクリームはナチュラルに仕上げたい夏のメイクにぴったり!

そもそもCCクリームの名前の由来は、color correcting.(色の補正)やcolor control.(色合いのコントロール)などが由来となっています。
つまり、ナチュラルに仕上げるためにはもってこいのアイテムだと言うことです。
また、ものによって変わってきますが、基本的にテクスチャーも軽いものが多いので、肌になじみやすいのが魅力です。こういったメリットがあるため暑い夏にぴったりのアイテムだといえます。
私はプライベートでは、BBクリームとCCクリームを場面によって使い分けていますが、夏場はほとんどCCクリームを使っています。
なお、CCクリームにも紫外線対策に優れたものもございますので、SPFの数値をよく確認して、自分の望む用途に合ったCCクリームを選んでくださいね♪