夏シーズン必須。UVファンデーションの選び方

紫外線対策のUVカット機能がついているUVファンデーション。

 

UVファンデーションは、肌への負担が大きいとか、クレンジングで落とすのが大変とか様々な選ぶ基準があるとは思いますが、
どうしても日焼け止めというポイントを大きく取ってしまうために、正しい選び方がわからないって方もおられると思います。

 

UVファンデーションと一言で言っても、クリームタイプやリキッドタイプ、パウダータイプなど様々な種類のものが存在します。
まずは、UVファンデーションの肌への負担の影響から考えてみましょう。

 

通常のファンデーションよりも紫外線カット機能がついている分だけどうしても敏感肌の方などは
その肌への刺激や負担を選ぶ際にポイントとしている方も多いlことでしょう。

 

そういったポイントでいくと、リキッドやクリームタイプはカバー力もあって紫外線カットのSPF、PAのすうちが高いものが多いのですが、肌への負担も大きく、
クレンジングで落とす際には、洗顔という行為自体がさらなる負担にもなりかねません。
肌への負担を考えると、やはりパウダータイプのものを選ぶといいでしょう。

 

CCクリームにはそういったUVファンデーションの機能を備えているものが多くあります。
季節を問わずに使えるのがCCクリームなのですが、どうしても外出が多い日や、日差しがどうしてもひどく気になるという日には
CCクリームの上からパウダータイプの日焼け止めを考えていくのがいいのではないのでしょうか。